白井(読み)シライ

デジタル大辞泉の解説

しろい【白井】

千葉県北西部の市。下総台地上に位置し、ナシ栽培が盛ん。北総鉄道が通じ、住宅地化が進む。人口6.0万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しらい【白井】

姓氏の一。

しろい【白井】

千葉県北西部にある市。下総台地にあり、1979年(昭和54)の北総鉄道開通と千葉ニュータウンの入居開始により人口が急増。全国有数の梨の産地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の白井の言及

【子持[村]】より

…国道17号線が通じ,渋川市への通勤者が多い。白井には中世,長尾氏が拠った白井城の遺構が残されている。【千葉 立也】。…

※「白井」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白井の関連情報