切(り)通し(読み)キリドオシ

デジタル大辞泉の解説

きり‐どおし〔‐どほし〕【切(り)通し】

《「きりとおし」とも》
山・丘などを切り開いて通した道路。「鎌倉の切り通し
物事を滞りなくさばくこと。
「政務―にして、上下の善悪を糺(ただ)されければ」〈古活字本保元・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android