列氏温度(読み)れっしおんど

精選版 日本国語大辞典「列氏温度」の解説

れっし‐おんど ‥ヲンド【列氏温度】

〘名〙 (「列氏」は考案者の名の中国語表記から) 一気圧のもとで、水の氷点を零沸点を八〇度として、その間を等分する温度目盛り。フランスの物理学者・博物学者、レオミュールが一七三〇年に考案。列氏。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「列氏温度」の解説

れっし‐おんど〔‐ヲンド〕【列氏温度】

1気圧のもとで、水の氷点を零度、水の沸点を80度とする温度目盛り。1730年にレオミュールが考案。記号°R

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例