コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初婿入り ハツムコイリ

2件 の用語解説(初婿入りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はつ‐むこいり【初婿入り】

婿が初めて嫁方に行き、正式に嫁方の両親と親子の杯を交わすこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

初婿入り【はつむこいり】

婿が初めて正式に嫁の親に対面する儀式。婿入婚では婚姻の成立式を意味し,重視された。嫁入婚では結納(ゆいのう)の日に行う付随的儀式と化したが,なお嫁の初里帰りや半年後などに行い,その日に婚姻を確定させる所もみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

初婿入りの関連キーワード御湯殿始め乗馬初め対客庭儀謡初め被衣初め着初め婿読書始婿がね

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone