コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初婿入り ハツムコイリ

デジタル大辞泉の解説

はつ‐むこいり【初婿入り】

婿が初めて嫁方に行き、正式に嫁方の両親親子を交わすこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

初婿入り【はつむこいり】

婿が初めて正式に嫁の親に対面する儀式婿入婚では婚姻の成立式を意味し,重視された。嫁入婚では結納(ゆいのう)の日に行う付随的儀式と化したが,なお嫁の初里帰りや半年後などに行い,その日に婚姻を確定させる所もみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

初婿入りの関連キーワード朝婿入り・朝聟入り婿苛め・聟苛め婿紛らかし婿いじめ婿入り婚内揚げ婿逃げ水祝婿

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android