コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嫁入り婚 よめいりこん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嫁入り婚
よめいりこん

夫婦生活が夫方でもたれる婚姻形態。室町時代の武家社会で形成されたものといわれ,今日では最も一般的な形態となった。婿入り婚が,男子の妻問いを主とする,村内婚的性格をもったのに対し,入り婚は,村外婚的で,かつ家に嫁すという観念を基調とするため自由な恋愛は否定され,婚礼当夜,初めて新夫婦が相まみえるということも珍しくはなかった。また,仲人が必要とされ,結納嫁入り道具荷送り,婚礼披露など儀礼が重視され,発達した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よめいり‐こん【嫁入り婚】

婚姻成立の儀礼を夫方で挙げ、妻は初めから夫宅に居住する婚姻の方式。娶嫁(しゅか)婚。夫処(ふしょ)婚。→婿入(むこい)り婚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よめいりこん【嫁入り婚】

婚姻方式の一。婚姻成立祝いを婿むこ方でし、初めから婿方の住居に住む形態。中世の武士階級の婚姻方式が次第に庶民の間にも普及したもの。 ⇔ 婿入り婚

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嫁入り婚
よめいりこん

夫婦生活を婿方で開始する婚姻方式。娶嫁(しゅか)婚、夫処(ふしょ)婚(父処婚)ともいい、婿入り婚に対する。婚姻成立の祝いも婿方で催されるのが通例で、これに伴う嫁入りの儀礼に注目しての命名である。日本の婚姻方式は古く婿入り婚が支配的であったのに、室町時代になって武家社会に嫁入り婚が高まり、江戸時代以降庶民の間にも浸透し、妻訪(さいほう)・夫処婚や足入れ婚など過渡的な方式を経て、しだいに全国各地でこの方式が主流をなすに至った。嫁入り婚の特徴をもっともよく表すのは村外婚(遠方婚)で、縁談を進めるのに仲人(なこうど)を必要とし、見合いから結納(ゆいのう)にまで何度もの手続を踏んでいかなければならなかった。この間、当人の意思や若者たちの参与は無視され、もっぱら家長の意見に基づき、身分や財産など「家」の条件を吟味したうえで事は運ばれた。儀礼の面では、とりわけ婿方の祝言(しゅうげん)が重々しく取り上げられ、夫婦杯(めおとさかずき)・親子杯をもって婚姻の成立とし、これに続く披露の宴は華麗を誇るようになった。まったく見も知らぬというべき一人の女性をにわかに受け入れるには、家としても村としても大掛りな承認の作法を必要としたわけである。しかし婿の家に入っても、嫁はすぐには主婦となることはできず、ここに嫁と姑(しゅうとめ)の複雑な人間関係を生み、日本の家族制度に一種の陰影が兆すことになるのである。[竹田 旦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

嫁入り婚の関連キーワード夜這い・婚夫方居住婚異類婚姻譚居住規制通過儀礼足入れ婚嫁たたき嫁ぬすみ朝婿入り女性史里帰りナシ族よばい招婿婚持参金婚約

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android