コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

婿入り婚 むこいりこん

3件 の用語解説(婿入り婚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

婿入り婚
むこいりこん

招婿婚,妻所婚ともいい,嫁入り婚の対語。夫婦生活が妻方で行われる婚姻形態で,夫が妻方に住むものと,妻方へ通う通い婚とがあり,またその期間が一時的であるものと,終生妻方に居住するものとがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むこいり‐こん【婿入り婚】

婚姻成立祝いを妻方であげ、以後、夫は妻方に住み込むか妻訪いの形で婚姻生活が営まれるもの。一定期間ののち夫方に移るので、一時的妻訪い婚ともいう。村内婚を基盤として、日本で古くから行われた。招婿(しょうせい)婚。→嫁入(よめい)り婚

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

婿入り婚
むこいりこん

婚姻成立祝いを妻方であげ、以後妻方で婚姻生活を過ごすもの。招婿(しょうせい)婚、妻所(さいしょ)婚ともいう。嫁入り婚(娶嫁(しゅか)婚、夫所(ふしょ)婚)に対するもの。かつての村(むら)ではツレ、ドシなどとよばれる同輩の若者仲間が結婚の媒介を果たし、当人同士が恋愛関係に入ると男は女の家に通い始めた。やがて妻方で簡素な祝いが開かれ、夫は初婿入りして妻の両親らと正式な対面をした。この後は、夫が妻方に移る住み込み式と、昼は自家で働き、夜ごと妻のもとに通う妻問(つまど)い(妻訪(さいほう))式とに分かれる。海女(あま)の村など西南日本の各地にみられた事例はほとんど後者に属し、東北地方の年期婿は前者の事例である。どちらも一定期間を過ぎれば夫は妻子ともども自家に引き移る習わしで、その意味では妻所・夫所婚ないし妻訪・夫所婚と名づくべき方式である。唯一の例外は岐阜県大野郡白川村の一部でみられた習俗で、次男以下の男は終生他家にいる妻のもとに通い続けたという。婿入り婚は村内婚を基盤とするもので、村外婚の成立とともに嫁入り婚へと変わっていった。その中間に伊豆諸島などの足入れ婚があり、これは婚姻成立祝いだけ夫方であげ、以後夫が妻問いを続ける形式であった。[竹田 旦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

婿入り婚の関連キーワード足入れ婚母権制嫁入り婚足入れ刈り上げ祝い・刈上げ祝い・苅り上げ祝い・苅上げ祝い乞食も袋祝い婿入婚嫁入婚妻訪い妻方居住

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone