コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

婿入り婚 むこいりこん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

婿入り婚
むこいりこん

婿婚,妻所婚ともいい,嫁入り婚の対語。夫婦生活が妻方で行われる婚姻形態で,夫が妻方に住むものと,妻方へ通う通い婚とがあり,またその期間が一時的であるものと,終生妻方に居住するものとがある。日本では古代から平安時代にかけては,この婚姻形態が主であったが,鎌倉時代を境にして次第に入り婚に移行した。伊豆諸島や志摩半島の漁村,あるいは岐阜県の白川村などでは,近年まで婿入り婚がみられた。このような婚姻形態 (母処婚,妻方居住婚ともいう) が,社会の主要な慣習として行われる例が世界の各地にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

むこいり‐こん【婿入り婚】

婚姻成立祝いを妻方であげ、以後、夫は妻方に住み込むか妻訪いの形で婚姻生活が営まれるもの。一定期間ののち夫方に移るので、一時的妻訪い婚ともいう。村内婚を基盤として、日本で古くから行われた。招婿(しょうせい)婚。→嫁入(よめい)り婚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

婿入り婚
むこいりこん

婚姻成立祝いを妻方であげ、以後妻方で婚姻生活を過ごすもの。招婿(しょうせい)婚、妻所(さいしょ)婚ともいう。嫁入り婚(娶嫁(しゅか)婚、夫所(ふしょ)婚)に対するもの。かつての村(むら)ではツレ、ドシなどとよばれる同輩の若者仲間が結婚の媒介を果たし、当人同士が恋愛関係に入ると男は女の家に通い始めた。やがて妻方で簡素な祝いが開かれ、夫は初婿入りして妻の両親らと正式な対面をした。この後は、夫が妻方に移る住み込み式と、昼は自家で働き、夜ごと妻のもとに通う妻問(つまど)い(妻訪(さいほう))式とに分かれる。海女(あま)の村など西南日本の各地にみられた事例はほとんど後者に属し、東北地方の年期婿は前者の事例である。どちらも一定期間を過ぎれば夫は妻子ともども自家に引き移る習わしで、その意味では妻所・夫所婚ないし妻訪・夫所婚と名づくべき方式である。唯一の例外は岐阜県大野郡白川村の一部でみられた習俗で、次男以下の男は終生他家にいる妻のもとに通い続けたという。婿入り婚は村内婚を基盤とするもので、村外婚の成立とともに嫁入り婚へと変わっていった。その中間に伊豆諸島などの足入れ婚があり、これは婚姻成立祝いだけ夫方であげ、以後夫が妻問いを続ける形式であった。[竹田 旦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

婿入り婚の関連キーワード異類婚姻譚嫁入り道具朝婿入り養子縁組婿いじめ足入れ婚アミ族村外婚妻問い招婿婚里帰り持参金妻問婚年期婿よばい婚約結納婚舎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android