コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初懐紙 ハツカイシ

デジタル大辞泉の解説

はつ‐かいし〔‐クワイシ〕【初懐紙】

年頭に初めて懐紙に記した連句 新年》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はつかいし【初懐紙】

新年最初の俳席で巻いた連句。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の初懐紙の言及

【歳旦帳】より

…歳旦帳の刊行は俳壇で寛文年間(1661‐73)に始まり,俳諧から漢詩に転じた惟中によって元禄(1688‐1704)初年に漢詩でも試みられ,その習慣が詩壇にも移った。俳諧の歳旦帳は初め横本で丁数も少ないが,しだいに丁数や趣向を競い,元禄以降は中本・半紙本のものも出現し,〈初懐紙(はつがいし)〉〈春興帖〉などと称して,様式も異なってくる。【白石 悌三】。…

※「初懐紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

初懐紙の関連キーワード几董枳風

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android