コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵐雪 ランセツ

百科事典マイペディアの解説

嵐雪【らんせつ】

江戸中期の俳人。姓は服部別号,嵐亭治助,雪中庵,玄峰堂等。江戸湯島の生れ。武家奉公を経て芭蕉の門に入り,頭角を現し,其角の《虚栗(みなしぐり)》に協力し,其角とともに江戸蕉門の双璧とされるにいたる。
→関連項目風俗文選

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

らんせつ【嵐雪】

1654‐1707(承応3‐宝永4)
江戸前期の俳人。姓は服部,幼名は久馬之助,通称は孫之丞,彦兵衛など。別号は嵐亭治助,雪中庵,不白軒,寒蓼斎など。江戸の人。父高治は新庄隠岐守などに仕えた下級武士で,嵐雪も一時,常陸笠間の井上相模守に仕えたことがある。延宝初年芭蕉に入門,1678年(延宝6)不卜編《俳諧江戸広小路》に付句が2句入集したのが作品の初見である。80年には同門其角の《田舎之句合》に序を草し,《桃青門弟独吟廿歌仙》に入集,以後《虚栗(みなしぐり)》《続虚栗》などに作品を採用された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嵐雪
らんせつ

服部嵐雪」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嵐雪
らんせつ
(1654―1707)

江戸中期の俳人。服部(はっとり)氏。通称彦兵衛、別号嵐亭治助、雪中庵、寒寥堂、玄峯堂(げんぽうどう)など。江戸・湯島の生まれ。初め新庄隠岐守(しんじょうおきのかみ)に出仕、以後30年間にわたり転々と諸侯に仕えたが、1675、76年(延宝3、4)、22、3歳のころ芭蕉(ばしょう)に入門、しだいに頭角を現し、90年(元禄3)には武士を廃して職業俳人となり、其角(きかく)と並ぶ江戸蕉門の中心として重きをなすようになった。其角同様、都会人的な好みを脱することができず、当代江戸俳壇流行の奇巧な句も多く、芭蕉晩年の「軽み」の風についてゆくことができなかったが、平明穏雅でけれん味のない質実な作風は、豊かな叙情性とあわせて、閑雅な趣をたたえている。其角とは対照的に、その性格も篤実温和であり、つねに師芭蕉の人格を敬慕し、その精神を体得しようとしている。後年は黄檗(おうばく)禅に帰依して剃髪(ていはつ)し、不白玄峯居士と号したが、同じく禅門に帰した後妻烈女(れつじょ)は遊女の出であったという。編著に『其袋(そのふくろ)』『或時集(あるときしゅう)』、句集に『玄峯集』などがあり、門下には百里(ひゃくり)、吏登(りとう)ら優れた人々が輩出して、その系統はのちに雪門(せつもん)とよばれるようになった。墓所は駒込(こまごめ)常験寺にあったが、いまは雑司ヶ谷本教寺に移されている。[堀切 實]
 梅一輪一輪ほどの暖かさ
『酒井清一著『服部嵐雪』(『俳句講座2』所収・1958・明治書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の嵐雪の言及

【蕉門十哲】より

…許六の〈師の説〉に〈十哲の門人〉と見えるが,だれを数えるかは記されていない。その顔ぶれは諸書により異同があるが,1832年(天保3)刊の青々編《続俳家奇人談》に掲げられた蕪村の賛画にある,其角,嵐雪,去来,丈草,許六(きよりく),杉風(さんぷう),支考,野坡(やば),越人(えつじん),北枝(各項参照)をあげるのがふつうである。【石川 八朗】。…

※「嵐雪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

嵐雪の関連キーワード蕉門の十哲竹ジュバン和田東潮大野秀和詰屈聱牙蕉門十哲豊島佳風村井鳳洲斎藤雀志石内朝叟松木乙児清水周竹田島桐葉稲川当国桜井吏登高野百里早野巴人木の下闇大場寥和枯尾花

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嵐雪の関連情報