コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初瀬川健増 はつせがわ けんぞう

1件 の用語解説(初瀬川健増の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

初瀬川健増 はつせがわ-けんぞう

1851-1924 幕末-大正時代の殖産家。
嘉永(かえい)4年12月生まれ。元治(げんじ)元年陸奥(むつ)大沼郡(福島県)小谷村肝煎(きもいり)兼会津(あいづ)藩蝋漆木(ろううるしぎ)取締役となる。維新後は戸長,郡書記を歴任。漆の栽培,漆の掻取技術の研究で会津漆器の発展に貢献した。大正13年4月3日死去。74歳。本姓は宮川。著作に「漆樹栽培書」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

初瀬川健増の関連キーワード青山謹之助川野竹松窪添慶吉国分勘兵衛(9代)渋谷真意竹腰徳蔵(初代)中島以政波部本次郎松園嘉三次山路丈太郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone