コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初瀬川健増 はつせがわ けんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

初瀬川健増 はつせがわ-けんぞう

1851-1924 幕末-大正時代の殖産家。
嘉永(かえい)4年12月生まれ。元治(げんじ)元年陸奥(むつ)大沼郡(福島県)小谷村肝煎(きもいり)兼会津(あいづ)藩蝋漆木(ろううるしぎ)取締役となる。維新後は戸長,郡書記を歴任。漆の栽培,漆の掻取技術の研究で会津漆器の発展に貢献した。大正13年4月3日死去。74歳。本姓宮川。著作に「漆樹栽培書」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

初瀬川健増の関連キーワード大正時代嘉永

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android