初生児(読み)ショセイジ

精選版 日本国語大辞典の解説

しょせい‐じ【初生児】

〘名〙 生後、臍(へそ)の緒の脱落するまで、一~二週間以内の乳幼児。新生児。
※七新薬(1862)七「又麻痺病・脊髄の偏曲、初生児の関節脱臼・虫病・粘液病・出血・眼諸病」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の初生児の言及

【新生児】より

…子宮内で母親から胎盤を通して酸素と栄養を受けていた胎児は,出生と同時に自分で呼吸をし,必要な栄養分を消化吸収して,独立生活を営まなければならない。そのために,体の諸臓器に大きな変化が起こる。この時期にある子どもを新生児という。世界保健機関では生後4週間を新生児期といっているので,日本でも統計などではこの方式をとっている。そのうちでも生後1週間は体の諸臓器の機能に著しい変化が起こる時期で,早期新生児期と呼ばれ,生命に対する危険がとくに高いので,注意深い養護が必要である。…

※「初生児」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android