コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初生鉱床 しょせいこうしょうprimary deposit

岩石学辞典の解説

初生鉱床

鉱石を構成する鉱物が,その生成された場所でそのまま鉱床となっている鉱床をいい,二次成鉱床に対する語である[片山ほか : 1970].最初の時期あるいは鉱化作用の時期の間に形成された鉱床をいう.リンドグレンなどはこの語を用いるべきでないと薦めている.ランソムはその代わりに深成(hypogene)を提案した[Ransome : 1912, Lindgren : 1928, Bateman : 1952]

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

初生鉱床の関連キーワード金鉱床錫鉱床

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android