コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初生鉱床 しょせいこうしょう primary deposit

1件 の用語解説(初生鉱床の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

初生鉱床

鉱石を構成する鉱物が,その生成された場所でそのまま鉱床となっている鉱床をいい,二次成鉱床に対する語である[片山ほか : 1970].最初の時期あるいは鉱化作用の時期の間に形成された鉱床をいう.リンドグレンなどはこの語を用いるべきでないと薦めている.ランソムはその代わりに深成(hypogene)を提案した[Ransome : 1912, Lindgren : 1928, Bateman : 1952]

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

初生鉱床の関連キーワード鉱化作用選鉱片刃珪酸塩鉱物自生造岩鉱物細胞骨格タンパク質ゼノサーマル鉱床プロトオア鉱物組成