コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

制限法貨 セイゲンホウカ

2件 の用語解説(制限法貨の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいげん‐ほうか〔‐ハフクワ〕【制限法貨】

強制通用力に一定の制限が課されている法貨。一般に補助貨幣制限法貨であり、日本でも額面の20倍までに強制通用力を制限されている。不完全法貨。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の制限法貨の言及

【法貨】より

…国家から強制通用力の与えられている貨幣のことで,正しくは法定貨幣という。その場合,強制通用力の金額に制限があるかないかによって,制限法貨と無制限法貨の区分がある。日本では金本位制の時期には貨幣法7条および兌換(だかん)銀行券条例4条によって,本位貨幣(金貨)と兌換銀行券は無制限法貨,補助貨幣は制限法貨と定められていた。…

【補助貨幣】より

…現在発行され流通している補助貨幣は,500円貨,100円貨,50円貨,10円貨,5円貨,1円貨の6種類,および〈オリンピック東京大会記念のための千円の臨時補助貨幣の発行に関する法律〉により64年に発行された1000円銀貨である。本位貨幣および銀行券が無制限法貨であるのに対し,いずれも額面の20倍までの強制通用力が与えられている制限法貨である。これら補助貨幣の素材・形式などは,臨時通貨法等に基づく政令に定められている。…

※「制限法貨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone