コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補助貨幣 ほじょかへい subsidiary money

6件 の用語解説(補助貨幣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

補助貨幣
ほじょかへい
subsidiary money

日常の小額取引に使用するために発行され,本位貨幣を補助する貨幣。元来補助貨幣金本位制度下で発達した観念であって,本位貨幣に対する用語。現在は鋳貨の意味に用いられ,日本では,500円,100円,50円,10円,5円,1円の6種類が発行されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほじょ‐かへい〔‐クワヘイ〕【補助貨幣】

本位貨幣の補助として少額の取引に用いられる貨幣。補助貨。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

補助貨幣【ほじょかへい】

銀行券や本位貨幣に対して補助的役割を果たす貨幣。額面が銀行券や本位貨幣より低く,小額の支払に使用。紙,アルミニウム,銅合金などで作られ,その実質価値は名目価値より低い。
→関連項目商品貨幣新貨条例通貨

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほじょかへい【補助貨幣 subsidiary money】

本位貨幣に対立する用語で,本位貨幣の補助として日常の小額取引の使用のために鋳造される貨幣。補助貨ともいう。本位貨幣の金貨が額面価値と等価値の金(銀本位制のときは銀)で鋳造されるのに対して,補助貨幣は額面価値より低い素材価値の金属(銀合金,白銅,青銅など)で鋳造されている。しかし日本では,1931年12月に金本位制が停止されてから金貨は流通していないので,現金通貨日本銀行券と補助貨幣だけである。したがって現在,補助貨幣は日本銀行券に対立する用語となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほじょかへい【補助貨幣】

本位貨幣の補助として日常の少額取引に用いられる貨幣。補助貨。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

補助貨幣
ほじょかへい
subsidiary money英語
Scheidemnzeドイツ語

小口取引に用いるために発行される小額貨幣。製造・発行は政府が行う。一般に、銀、銅、アルミニウム、ニッケルなどを素材とする金属鋳貨であるが、その素材金属価値よりも額面が上回っていることを特徴とする。強制通用力に制限のある制限法貨(日本ではその額面の20倍まで)であることが示すように、本来は本位貨幣(金貨)の流通を小口取引の部面で補助する部分的代理物であった。しかし、本位貨幣が鋳造されない今日では、この補助の性格は失われている。
 日本における補助貨幣の発行は、当初は1897年(明治30)制定の貨幣法に本位貨幣とともに規定されていたが、1938年(昭和13)に臨時通貨法が制定されてからは同法に基づくようになった。しかし、管理通貨制度のもと、貨幣法、臨時通貨法ともにその内容に空文化が目だってきたため、1987年(昭和62)に両法にかえて新たに「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」が制定された。同法では、これまでの補助貨幣に相当するものを単に貨幣と称し、日本銀行券に対置される用語としている。同法によると、貨幣の種類は、500円、100円、50円、10円、5円、1円の6種類、および国家的な記念事業として閣議の決定を経て発行される前記の額面価格と1万円、5000円、1000円の記念貨幣となっている。これらの貨幣の製造および発行の権能は政府に属し、貨幣の発行は製造済みの貨幣を日本銀行に交付することにより行われる。[齊藤 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の補助貨幣の言及

【硬貨】より

…金属で鋳造された貨幣,すなわち鋳貨coinのことで,紙を素材とする広義の紙幣(狭義の紙幣である政府紙幣と銀行券)に対立する用語。本位貨幣(金貨)と補助貨幣が含まれるが,金本位制を離脱した現在,硬貨(鋳貨)といえば補助貨だけである。近代の日本では,鋳貨としての本位貨幣と補助貨幣の発行は,1897年の貨幣法によって定められたが,1938年に貨幣法とは別個に臨時通貨法が制定され,現在の補助貨幣の発行は同法に基づいている。…

【紙幣】より

…しかも政府の紙幣発行は政府にとって安易な財源調達法であり,事実,歴史的にみてもその発行は過剰になり,その結果,金貨との間に紙幣の減価が生じ,インフレーションの発生を招くことになった。 現在日本で現金通貨として流通しているのは日本銀行券補助貨幣だけであって,政府紙幣は発行されていない。ただ,補助貨幣は政府が発行する鋳貨であるが,素材価値は低く小口の支払手段として用いられ,実質的には政府紙幣である。…

【日本銀行券】より

…日本の中央銀行である日本銀行は銀行券発行の独占的権限を与えられており(発券銀行),日本銀行券は公私いっさいの取引決済に無制限に通用する無制限法貨となっている(〈法貨〉の項参照)。現金には政府が発行する補助貨幣もあるが,流通している現金通貨の大部分は日本銀行券である。日本銀行券の種類,様式は大蔵大臣が定めることとなっており,現在,1000円,5000円,1万円の3種類が発行されている。…

【法貨】より

…その場合,強制通用力の金額に制限があるかないかによって,制限法貨と無制限法貨の区分がある。日本では金本位制の時期には貨幣法7条および兌換(だかん)銀行券条例4条によって,本位貨幣(金貨)と兌換銀行券は無制限法貨,補助貨幣は制限法貨と定められていた。現在も日本銀行券は日本銀行法29条によって公私いっさいの取引に通用する無制限法貨と定められ,補助貨幣は臨時通貨法3条によってそれぞれ額面の20倍までの金額(たとえば100円貨は2000円まで)を限り通用する制限法貨と定められている。…

【本位貨幣】より

…本位貨幣と兌換券(現在は不換銀行券)は国家から強制通用力を与えられ,しかもその金額に制限のない無制限法貨である。なお,小額取引の使用のために鋳造される補助貨幣は,その強制通用力の金額に一定の限度が設けられている。いずれにせよ,現在の管理通貨制のもとでは本位貨幣は存在せず,流通している現金通貨は不換銀行券と補助貨幣だけである。…

※「補助貨幣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

補助貨幣の関連キーワード銀本位制度硬貨正貨単本位制度複本位制度本位貨幣本位制度金貨本位制法定平価本位貨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone