コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刺さる ササル

デジタル大辞泉の解説

ささ・る【刺さる】

[動ラ五(四)]
先のとがった物が他の物に突き立つ。「とげが―・る」
(比喩的に、刺されたような)強い衝撃を受ける。また、深い感銘を与える。「先輩のひと言が―・る」「多くの人の心に―・るコンテンツを生み出す」→胸に刺さる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ささる【刺さる】

( 動五[四] )
先のとがった物がくいこんではいる。 「指にとげが-・る」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

刺さるの関連キーワードNakamuraEmiウドノキ(独活の木)バイラルメディアムカゴイラクサドクガ(毒蛾)モンシロドクガバテイカイメンフリーブロー虫刺症/痒疹毒蛾皮膚炎今年の新語マツカレハツガカレハ篦深・箆深三叉神経痛やす(簎)心に刺さる頭蓋骨折ずばっとちくちく

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刺さるの関連情報