コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刻糸 こくし

1件 の用語解説(刻糸の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

刻糸【こくし】

細かい織目の綴錦(つづれにしき)。浮彫のように見えるのでこの称が中国宋代に作られた。院体画の影響を受けた花鳥などの絵柄を精巧な技術で織り上げ,鑑賞用にしたものにすぐれた作品が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

刻糸の関連キーワード川島甚兵衛綴れ綴れ錦東綴れ織目昨日のつづれ今日の錦綴れ織紋織物林瀬平山鹿清華

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone