コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刻/段 キザ

デジタル大辞泉の解説

きざ【刻/段】

きざみつけた筋。きざみめ。
「引かかるよう、―が入れてあるのじゃから」〈鏡花高野聖

こく【刻】

きざむこと。彫りつけること。
(「剋」とも書く)旧暦の時間および時刻の単位。漏刻漏壺(ろうこ)内の箭(や)に刻んである目盛りから。
㋐一昼夜を48等分した一。一時(いっとき)の4分の1。
㋑一昼夜を100等分した一。1日を一二時(とき)とし、日の長短によって差はあるが、平均して一時は8刻3分の1にあたる。春分秋分は昼夜各50刻、冬至は昼40刻で夜60刻、夏至はその逆となる。
㋒一昼夜を12等分した一。午前零時を子(ね)の刻とし、以下順次丑(うし)の刻、寅(とら)の刻のように十二支に配する。時(とき)ともいう。1刻をさらに四つに分け、丑三つなどといい、また、1刻を上・中・下に3分し、寅の上刻、寅の下刻などの言い方をする。不定時法の場合は、昼(夜明けから日暮れまで)と夜(日暮れから夜明けまで)をそれぞれ6等分する。季節によって昼夜の長さが異なるため、昼と夜で一刻の長さが異なる。
[補説]書名別項。→

こく【刻】[漢字項目]

[音]コク(呉)(漢) [訓]きざむ
学習漢字]6年
刃物で切れ目を入れる。きざむ。「刻印印刻陰刻彫刻篆刻(てんこく)
版木に彫る。書物を刊行する。「板刻復刻覆刻翻刻
身をきざむようである。きびしい。「刻苦刻薄深刻
水時計のきざみ目。「漏刻
時間。「刻限刻刻一刻時刻先刻即刻遅刻定刻夕刻
昔の時間の単位。「下刻上刻
[名のり]とき

こく【刻】[書名]

李良枝(イヤンジ)の長編私小説。昭和60年(1985)刊行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

刻【こく】

(とき)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

刻/段の関連キーワード秋田県北秋田市阿仁根子舟に刻して剣を求むヒエログリフグレーバー版本・板本船端に刻む刻限付け側方侵食刻一刻丑の時一昼夜影照本模刻本祈り釘李良枝時の奏春宵四更下午二更

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android