前中書王(読み)サキノチュウショオウ

大辞林 第三版の解説

さきのちゅうしょおう【前中書王】

兼明かねあきら親王の別称。中務卿であったことからいう。 → 中書王

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の前中書王の言及

【兼明親王】より

…大井川畔の小倉に隠棲。親王は文学にすぐれ,前中書王と称せられた。執政者の専横を慨した《菟裘賦》や,《池亭記》が有名。…

※「前中書王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android