前広(読み)マエビロ

デジタル大辞泉の解説

まえ‐びろ〔まへ‐〕【前広】

以前。前々。多く「に」を伴って副詞的に用いる。
「―に手形せうために呼びにやった」〈浄・女腹切

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まえびろ【前広】

( 名 ・形動 )
前もっておこなう・こと(さま)。 「 -な検討をお願いする」 「かういふことゝしつたら-からミルクと牛肉うしを喰いためて/西洋道中膝栗毛 魯文

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まえ‐びろ まへ‥【前広】

[1] 〘形動〙 前方を広く開いたさま。
※舞正語磨(1658)下「右の手をも臂にてひらき、前ひろにかまへ、手を添たるは」
[2] 〘名〙 (ある時点より前の時の広がりをいう) 以前。「まえびろに」「まえびろから」の形で、前もって、あらかじめ、かねてよりの意に用いる。
※浄瑠璃・長町女腹切(1712頃)中「壁に馬乗かけては明べき埒も明ぬもの、前びろに手形しゃう為に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前広の関連情報