コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前庭ヒダ ぜんていヒダvestibular fold

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前庭ヒダ
ぜんていヒダ
vestibular fold

室ヒダまたは仮声帯ともいう。喉頭腔の側壁には前後に走る上下2つのひだがみられ,上のものを前庭ヒダ,下のものを声帯ヒダまたは声帯という。声帯ヒダは発声器の働きをもつが,前庭ヒダにはその機能はない。前庭ヒダのなかには,前庭靭帯と呼ばれる甲状軟骨に付着する結合組織の細い束がある。ヒダの間のすきまは前庭裂と呼ばれ,声門裂より広い。生体において声帯ヒダは比較的白く見えるが,前庭ヒダは赤く見える。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android