コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前肛動物 ぜんこうどうぶつProsopygii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前肛動物
ぜんこうどうぶつ
Prosopygii

ホウキムシ類,コケムシ類腕足類ホシムシ類を合せて1門とした名称。肛門が体の前方に,口とほとんど同じ位置に開口している動物群として A.ラングによって 1888年に提唱されたが,現在では用いられていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜんこう‐どうぶつ〔ゼンカウ‐〕【前×肛動物】

頭部に触手環をもち、肛門が体の前方に開口する無脊椎動物。古い分類の一群で、現在は触手動物などに分類する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんこうどうぶつ【前肛動物】

肛門が体の前端部に開口している動物群の総称。コケムシ類・ホウキムシ類・腕足類など。多くは海産で、固着生活をする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前肛動物
ぜんこうどうぶつ

動物分類学上の一門Prosopygiiの名、およびそれを構成する動物群。コケムシ類、腕足類、ホウキムシ類プリアプルス類、ホシムシ類を含む。体の前方に肛門(こうもん)が開く共通点(ただし、プリアプルス類の肛門は体の後端にある)を重視して、19世紀の終わりに提唱された名であるが、最近はほとんど用いられない。現在、ホシムシ類は昇格して星虫動物門に、プリアプルス類は袋形(たいけい)動物門中の一綱、ほかの三類はまとめて触手動物門とする場合が多い。[馬渡峻輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

前肛動物の関連キーワード頭部海産総称

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android