コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苔虫類 こけむしるいBryozoa; moss animal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

苔虫類
こけむしるい
Bryozoa; moss animal

触手動物門苔虫綱に属する種類の総称。すべて水生の植物のような群体をつくり,石灰質,キチン質ゼラチン質でできた外骨格の中で生活する。個虫は小さく,1mm内外である。おもに古生代中生代に栄え,化石種が1万 5000種ほど知られているが,現存種も約 4000種知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こけむしるい【苔虫類】

〔外見が苔のようなのでいう〕
コケムシ綱の触手動物の総称。大部分は海産で、淡水産のものも少数ある。個虫は雌雄同体で、地衣状・樹状・塊状・鶏冠状などの群体をつくる。苔蘚虫たいせんちゆう類。外肛類。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone