剣先烏賊(読み)ケンサキイカ

大辞林 第三版の解説

けんさきいか【剣先烏賊】

イカの一種。胴の長さ35センチメートル 内外で、他のイカに比べて細長い。肉が厚く、美味。するめとして最高級品。本州以南の近海に分布。アカイカ。ゴトウイカ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

剣先烏賊 (ケンサキイカ)

学名:Loligo edulis
動物。ジンドウイカ科のイカ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けんさき‐いか【剣先烏賊】

〘名〙 ヤリイカ科のイカ。の長さ約三五センチメートル、触腕を含めると約五五センチメートルになる。胴が細長く、形を剣の先に見たててこの名がある。ヤリイカに似ているが胴の後端が鋭くとがっていないことで区別できる。本州以南に分布し、特に五島列島付近で多くとれる。肉は厚く甘味がある。するめとして最上等品で「一番するめ」の名がある。ごとういか。するめいか。あかいか。けんさき。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android