コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルメ

デジタル大辞泉の解説

するめ【×鯣】

イカの胴を縦に切り開き、内臓を取り去って干した食品。祝儀に用いることが多い。
スルメイカのこと。
[補説]1は、祝儀では「寿留女」とも当てて書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

するめ【鯣】

いかを開いて内臓などを除き、素干しにしたもの。軽くあぶってつまみなどにすることが多いが、漬物にしたり料理に用いたりすることもある。するめいかを用いたものが生産量も多く、一般的。けんさきいかを用いたもの(けんさきするめ)が上級品とされる。◇江戸時代、するめは中国への主要な輸出品であったが、輸出の際に用いた等級からけんさきいかのものは「一番するめ」、するめいかのものは「二番するめ」ともいう。また、皮をはぎ、ひれを除いて作るものを「みがきするめ」、皮をはぎ、ひれは残したものを「半みがき」といい、主としてけんさきいかで作る。胴のみを用い、開かずに作るものを「袋するめ」といい、あおりいか・みずいかなどで作る。長期保存できることから「末永く幸せが続くように」という意で、またお金を「お足」というが、その足の数が多いことから縁起のよいものとして、するめを結納の品に用いる。この場合は「寿留女」の字を当てる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

するめ【鯣】

イカを開いて内臓を除き、乾かした食品。
するめいか 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鯣の関連キーワード俵物(ひょうもつ)富貴の台・蕗の台ケンサキイカ河原田盛美長崎貿易コウイカ乾き物雑物替当りめ補説藩札袋鯣

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鯣の関連情報