コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

触腕 しょくわんtentacle

翻訳|tentacle

3件 の用語解説(触腕の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

触腕
しょくわん
tentacle

イカ類,すなわち軟体動物頭足綱の十腕形類がもつ 10本の腕のうち,ほかの8本より長い1対の腕。餌を捕えるのに使われる。先端部は広がり,その内面にのみ吸盤がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょくわん【触腕 tentacle】

軟体動物頭足類中,十腕形類(イカ類)にみられる1対の腕で,他の4対の通常腕よりはなはだしく長く伸ばすことができる。コウイカ類では第3,第4腕の間にあるポケットにたたみこまれていて,捕食の時にすばやく伸ばされる。それ以外のイカ類ではふだんは縮められているが,ポケットにたたみこまれることはない。触腕は柄部stalkと掌部clubからなり,掌部には通常2~4列,種によっては8~16列あるいは20列以上もの吸盤があり,その角質環の歯の大きさや並び方は通常腕のそれと異なっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

触腕の関連情報