コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剣難女難

デジタル大辞泉プラスの解説

剣難女難

吉川英治の長編時代小説。1926年刊行。筆名“吉川英治”を初めて使用した作品(本名は“英次”)。加藤泰監督の映画「剣難女難」女心伝心の巻および 剣光流星の巻(1951)の原作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

剣難女難の関連キーワード吉川 英治吉田 義夫吉川英治

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android