剪裁(読み)センサイ

デジタル大辞泉の解説

せん‐さい【×剪裁】

布・紙などを裁ち切ること。また、花を摘み切ること。
文章に手を入れること。文章を練ること。
「その詩には人に優れた―の工(たくみ)があった」〈鴎外魚玄機

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんさい【剪裁】

布などを裁つこと。
文章に手を入れること。 「 -の杜撰ずさんを免れない/伊沢蘭軒 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐さい【剪裁】

〘名〙
① 布・紙などを裁(た)ち切ること。また、花などをつみ切ること。裁断。
※松山集(1365頃)剪花「手裡春風入剪裁 浮々繒綵白紅来」
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「衣服の制を改め髭を剪截す可しとの令を下たしたるに」 〔曹松‐天台瀑布詩〕
文章に手を入れること。文章を練ること。
※耕雲口伝(1408)「後学批判して楽天は比喩に長じ、山谷は剪裁に長ずといへり」
※魚玄機(1915)〈森鴎外〉「其詩には人に優れた剪裁(センサイ)の工(たくみ)があった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android