剰余系(読み)じょうよけい(英語表記)complete residue system

  • 剰余系 complete residue system

世界大百科事典 第2版の解説

自然数mに対して,二つの整数abmで割った余りが等しいとき,abmを法として合同であるという。この関係で整数全体をクラス分けすると,m個の類(クラス)に分かれる。これらの類を剰余類といい,この各類から一つずつ元を取り出した組を剰余系という。例えばm=6とすれば,0,1,2,3,4,5は1組の剰余系である。また,6,-5,8,9,-2,-1も剰余系である。mと互いに素な整数からなる類を既約剰余類といい,その各類から一つずつ元を選び出して得られた整数の組を既約剰余系という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android