余り(読み)アマリ

デジタル大辞泉「余り」の解説

あまり【余り】

[名]
使ったり処理したりしたあとになお残ったもの。残り。余剰。「余りの布切れ」「シチューの余りを冷凍する」
割り算で割り切れずに残った数。
(感情などを表す連体修飾語を上に付けて副詞的に用いる)程度がはなはだしくて引き起こされた結果として。「うれしさの余りに涙が出る」「案件の成立を急ぐ余り委員会が混乱した」
[形動][文][ナリ]
程度のはなはだしいさま。予想を超えているさま。「値段が余りに高い」「余りな剣幕に恐れをなす」
話にならないほど度が過ぎてひどいさま。あんまり。「余りな仕打ちに怒る」
[副]
度を越しているさま。過度に。あんまり。「余り勉強するとからだを壊すよ」
(あとに打消しの語を伴って)特に取り立てていうほどでないさま。それほど。あんまり。「余り出来はよくない」
[接尾]
数量を表す語に付いて、それよりも少し多い意を表す。以上。「百名余りの従業員」
(「余り」のあとにもさらに数詞がきて)その数にあとの数だけ余分に加わっているという意を表す。
「二十日(はつか)―八日。よもすがら雨やまず」〈土佐

まり【余り】

[接尾]あまり2」に同じ。
「七つぎの御代にまわへる百箇(ももち)―十の翁の舞奉る」〈続後紀

あんまり【余り】

《「あまり」の撥音添加》
[形動]あまり」に同じ。「余りな言葉に腹を立てる」「このまま帰れとは余りだ」
[副]
あまり1」に同じ。「余りうれしくて涙が出た」
あまり2」に同じ。「余りいい話ではないが」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android