コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

余り アマリ

4件 の用語解説(余りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あまり【余り】

[名]
使ったり処理したりしたあとになお残ったもの。残り。余剰。「余りの布切れ」「シチューの余りを冷凍する」
割り算で割り切れずに残った数。
(感情などを表す連体修飾語を上に付けて副詞的に用いる)程度がはなはだしくて引き起こされた結果として。「うれしさの余りに涙が出る」「案件の成立を急ぐ余り委員会が混乱した」
[形動][文][ナリ]
程度のはなはだしいさま。予想を超えているさま。「値段が余りに高い」「余りな剣幕に恐れをなす」
話にならないほど度が過ぎてひどいさま。あんまり。「余りな仕打ちに怒る」
[副]
度を越しているさま。過度に。あんまり。「余り勉強するとからだを壊すよ」
(あとに打消しの語を伴って)特に取り立てていうほどでないさま。それほど。あんまり。「余り出来はよくない」
[接尾]
数量を表す語に付いて、それよりも少し多い意を表す。以上。「百名余りの従業員」
(「余り」のあとにもさらに数詞がきて)その数にあとの数だけ余分に加わっているという意を表す。
「二十日(はつか)―八日。よもすがら雨やまず」〈土佐

あんまり【余り】

《「あまり」の撥音添加》
[形動]あまり」に同じ。「余りな言葉に腹を立てる」「このまま帰れとは余りだ」
[副]
あまり1」に同じ。「余りうれしくて涙が出た」
あまり2」に同じ。「余りいい話ではないが」

まり【余り】

[接尾]あまり2」に同じ。
「七つぎの御代にまわへる百箇(ももち)―十の翁の舞奉る」〈続後紀

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あんまり【余り】

〔「あまり」の撥音添加〕
[0] ( 副 )
あまり 」に同じ。 「 -手を焼かすな」 「 -好きじゃない」
[4] ( 形動 )
あまり 」に同じ。 「 -な仕打ち」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

余りの関連キーワード義歯アトニーぐたりしたりしたり顔食べ滓湯中り余映切株

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

余りの関連情報