コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割き竹の サキタケノ

デジタル大辞泉の解説

さきたけ‐の【割き竹の】

[枕]
割った竹は、互いに後ろ向きになるところから、「背向(そがひ)」にかかる。
「―背向に寝しく今し悔(くや)しも」〈・一四一二〉
割った竹はしないたわむところから、「とをを」にかかる。
「―とををとををに天の真魚咋(まなぐひ)献る」〈・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さきたけの【割き竹の】

( 枕詞 )
割き竹がたわみやすいことから、「とををとををに」にかかる。 「 -とををとををに天の真魚咋まなぐい献る/古事記
割き竹が背中合わせになりやすいことから、「背向そがい」にかかる。 「我が背子をいづち行かめと-そがひに寝しく今し悔しも/万葉集 1412

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

割き竹のの関連キーワード割き竹真魚背向