コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割ぐり石 わりぐりいしrubble; broken stone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

割ぐり石
わりぐりいし
rubble; broken stone

岩石を破砕した比較的大型の砕石で,割栗石とも書き,また単に割ぐりともいう。日本工業規格 JISの規定では,原石としては花崗岩類,安山岩類,砂岩類,凝灰岩類,石灰岩類などで,これらを砕いたもので薄っぺらなもの,細長いものであってはならないとされている。また,石の圧縮強さにより硬石,準硬石,軟石と分けており,その呼称は重量により 10段階を定めている。代表的な使用例は建物の基礎をつくるときに行われる割ぐり地形 (じぎょう) で,これは掘削の完了した地盤面に割ぐり石のとがったほうを下にして並べ,その間に砂利などを入れて十分に突固める作業をいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

割ぐり石の関連キーワード基礎[構造物]採石業舗装礎石岩石

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android