コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割れ目角礫岩 われめかくれきがんgash breccia

岩石学辞典の解説

割れ目角礫岩

様々な大きさの破壊された角張った大きな破片の塊からなる岩石で,溶液による洞穴の天井部および壁が陥没して形成されたもの.南ウェールズの三畳紀の角礫岩は下部にある石炭紀の石灰岩が溶液によって陥没したことで形成された[Trechmann 1913, Reynolds : 1928].陥没角礫岩(founder breccia), 溶岩角礫岩(solution breccia)と同義.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android