割増金付貯蓄(読み)わりましきんつきちょちく

百科事典マイペディア「割増金付貯蓄」の解説

割増金付貯蓄【わりましきんつきちょちく】

金融機関がくじびきにより割増金品を付ける預金貯金,定期積金,金銭信託,生命保険,掛金。〈割増金付貯蓄の取扱に関する法律〉(1948年)に基づく。特に貯蓄意欲の喪失した時期の安定性預金の吸収に役立つ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android