コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛(け)金 カケガネ

デジタル大辞泉の解説

かけ‐がね【掛(け)金】

戸や箱などに取り付け、もう一方の金具に掛けて開かないようにする金具。

かけ‐きん【掛(け)金】

日掛け月掛けなどで定期的に積み立てたり、支払ったりする金。「保険の掛け金を払う」
掛け売りの代金。掛け代金。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

掛(け)金の関連キーワード小規模企業共済等掛金控除中小企業退職金共済制度国家公務員の共済組合保証期間付終身年金災害共済給付制度一斉普通銀行転換漁業災害補償制度税制適格退職年金社会保険料控除日本版401K冠婚葬祭互助会確定拠出型年金賦課式共済事業国民年金基金確定拠出年金適格退職年金平均消費性向農業共済組合年金財政計算割増金付貯蓄

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

掛(け)金の関連情報