コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金銭信託 きんせんしんたく

8件 の用語解説(金銭信託の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

金銭信託

信託銀行が個人、企業の顧客から金銭を信託財産として預かり、事業会社への貸し出し、社債の買い入れなどで運用、そして、契約期間が経過後に、運用で得られた利益を元本に乗せ顧客に渡す金融商品。様々な応用商品があり、ヒットスーパーヒットなど契約後1カ月~1年を過ぎると解約可能になるタイプ金銭信託も。原則として、元本が保証されない点で投資信託に似ているが、投資信託は運用を信託銀行運用会社が行なうのに対し、金銭信託は信託財産の運用を信託銀行自身が行なう点で異なる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きんせん‐しんたく【金銭信託】

信託銀行が、委託者から金銭を受け入れ、信託終了のとき委託者に運用利益と元本を金銭で交付する信託形式。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金銭信託【きんせんしんたく】

信託預金とも。委託者から信託財産として金銭を受け入れ,この運用によって生じた利益を受益者に配当し,信託終了時に元本を金銭で受益者に交付する信託。受入れ時の運用方法の定め方により,1.指定金銭信託,2.特定金銭信託,3.無指定金銭信託,に区分され,1.は運用の方法,目的物の範囲を定めたもので大部分を占め,2.は運用と目的物を具体的に定めたもの。
→関連項目信託信託預金

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

投資信託の用語集の解説

金銭信託


金銭を信託財産として預かり、運用して、一定期間後に収益や元本を金銭で渡す信託の一形態のこと。一般的な投資信託は、投信法第5条の3の規定により「金銭信託」でなければならない。この規定では、金銭によって投資信託の設定や解約を行うことを定めている。つまり、投資家が投資信託を購入する際は販売会社に「お金を支払い」、解約する際は「お金を受け取る」ということ。なお、現物の拠出・交換が行われるETFは金銭信託の例外である。

出典|(社)投資信託協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きんせんしんたく【金銭信託】

信託財産として金銭で引き受け,信託終了のときに受益者に金銭で返還する信託をいい,信託銀行および信託業務を兼営する銀行で取り扱われている。広義には貸付信託年金信託財産形成信託および証券投資信託も金銭信託に属するが,これらはそれぞれ特別法に基づく信託であるため,通常は金銭信託に含めない。信託財産を引き受ける際に金銭で引き受けても,信託終了の際はそのときの信託財産(貸付金債権や株式,公社債の形)のままで受益者に返還する信託を〈金銭信託以外の金銭の信託〉(〈金外〉と略称)と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きんせんしんたく【金銭信託】

金銭を信託財産として引受け、信託期間の終了の際に、運用によって生じた利益とともに金銭を委託者に給付する信託形式。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金銭信託
きんせんしんたく
cash in trust

信託引受に際して信託財産として金銭を受け入れ,信託の終了時に元本である信託財産を金銭で受益者に交付する信託。信託業法施行細則2条甲1項による運用方法の区分を基準として,特定金銭信託,指定金銭信託,無指定金銭信託の 3種類に分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金銭信託
きんせんしんたく

信託財産として金銭を受け入れ、信託終了時に金銭で交付することを約した信託。運用方法により次の3種に分類される。
(1)特定金銭信託 委託者が運用方法を詳細に指示するもので、元本保証はなく収益配当は実績しだい。証券投資信託がその好例である。
(2)指定金銭信託 委託者は運用の範囲を限定するだけで、受託者が運用責任を果たすもの。例外的に大小資金の合同運用、元本保証、収益保証を認められたのが合同運用指定金銭信託で、金銭信託の圧倒的部分を占めている。一般に金銭信託とよぶときには、これをさすことが多い。
(3)無指定金銭信託 運用方法を特定も指定もしないもので、一見自由にみえるが、厳しい法的規制のため、現実には妙味なく契約は皆無の状態である。[麻島昭一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金銭信託の関連キーワード特定金銭信託動産信託ユニット型投資信託自益信託信託財産ファントラ信託業信託受益権受託銀行分別管理

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金銭信託の関連情報