コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵割 らんかつcleavage; segmentation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卵割
らんかつ
cleavage; segmentation

細胞動物の受精卵細胞分裂。受精に引続いて,発生過程で最初に起る過程。割で生じた細胞を割球という。割球の数により2細胞期,4細胞期,8細胞期などと呼ぶ。卵割の間,全体の量はほぼ一定に保たれ,卵割が進むにつれ,割球は次第に小さくなる。成長がみられない点において一般の細胞分裂と異なる。卵割の型は卵の種類により,全割盤割表割,また等割,不等割などと種々に分類されている。カエル,ウニなどで,卵割中,デオキシリボ核酸 DNAの量は一定で,多量に細胞質中に蓄積され,デオキシリボ核酸合成が伴わないことが知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

らん‐かつ【卵割】

動物の受精卵の発生初期における細胞分裂。1個の細胞が、大きさはそのままでしだいに多数の小さな細胞に分かれ、胞胚(ほうはい)となる。様式により等割盤割表割などがある。分割

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

卵割【らんかつ】

多細胞動物のの受精直後の細胞分裂をいう。1個の巨大な細胞である卵は卵割を通じて2細胞期,4細胞期などを経て桑実胚期,胞胚期に至る。普通の細胞分裂と違って細胞(割球)が成長しないうちに次の分裂が始まるため,割球は次第に小さくなり,やがて体細胞の大きさになる。
→関連項目胚葉分化

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

らんかつ【卵割 cleavage】

多細胞動物の受精卵が行うやつぎばやの細胞分裂の過程。受精の結果として生ずる受精卵は1個の巨大細胞であり,これがひたすらDNA合成と細胞分裂を繰り返すことによって,多数の正常な大きさの細胞を生じ,個体発生の基本となる多細胞環境を短時間のうちにつくりだす。 卵の細胞質には,あらかじめ卵割期およびその後の形態形成の過程を維持するためのエネルギーや情報が大量に蓄えられており,新たな細胞質の合成は卵割期を通じてほとんど行われない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

らんかつ【卵割】

動物の受精卵の発生初期に起こる一連の細胞分裂。受精卵は全体の大きさはほぼ一定のまま、卵割によって未分化の多数の小さな細胞(割球)になる。分割。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

卵割
らんかつ

多細胞動物の発生の初期に受精卵が分裂を繰り返して胞胚(ほうはい)になるまでの過程をいう。本質的には細胞分裂であるが、やや特殊な点があるのでとくに卵割とよび、生じた娘(じょう)細胞は割球とよぶ。卵割では細胞体の成長がおこらぬまま、速やかに分裂が進行するので、胚全体の輪郭はほとんど変わらず、しだいに小さい割球になっていく。したがって核・細胞質比をみると、卵割期の初めにはきわめて低かったものが、胞胚期になると普通の体細胞の値になる。
 動物の種類によって卵割の形式はさまざまであるが、卵の極性とある一定の関係をもって進行することが多い。普通、最初の卵割面は卵の主軸を通り、第二の卵割も主軸を通り第一の卵割面と直交する。第三の卵割面は前の二つの卵割面と直交する。このような卵割面の方向は細胞質内の分裂装置の配向によって決定されるのであるが、細胞質中に浮かんでいる分裂装置がどのようにして向きを決められているのかはわかっていない。こののちの割球の配列の仕方によって、放射卵割(ウニ)、螺旋(らせん)卵割(腹足類)、左右相称卵割(ホヤ)などに分けられる。また一般に卵割溝の進行は、細胞質内に卵黄が偏在する部分では遅くなるので、卵に含まれる卵黄の量と分布は卵割の様式に影響を与える。たとえば、少量の卵黄が均等に分布する等黄卵では等割(ウニ卵など)、卵黄が卵の中心部に偏在している中黄卵では表割(昆虫卵など)、大量の卵黄が偏在している端黄卵では不等割(カエル卵など)または盤割(鳥類卵など)がみられる。
 初め卵細胞質中に分布していた物質は、卵割が進行するにつれてそのまま割球の中にくぎられて分割される。卵細胞には動物極と植物極を結ぶ主軸に沿って、性質を異にする細胞質が勾配(こうばい)を形成しているので、卵割の結果、これが割球の性質の差となって配列されることとなる。したがって、卵割が進行するにつれて、各割球のもっている核は互いに等価であるのに、それが浸っている細胞質に差があるという状態になる。これは胚の将来の複雑さを生み出す最初の原因と考えられる。すなわち、核のもっている潜在的能力は、周りの細胞質環境によって、部分的かつ選択的に発揮されるようになり、これが割球細胞の性質の差として現れることとなるからである。[木下清一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の卵割の言及

【発生】より

…しかしいずれにしても,それぞれ卵と精子に由来する二つの半数性の核が,卵の細胞質中で合体することによって,倍数性の核をもった受精卵が生ずるという点に違いはない。
[受精,卵割,胞胚形成]
 卵巣から放出された卵は,水中,親の体上,体中など,種ごとに定められた環境で精子と遭遇して受精する(図1)。最初の1匹の精子によって受精した卵は,その表面からある種の物質を分泌して,みずからを特殊な膜(受精膜)で包むか,すでに備わっている膜を変成させるなどして,余分な精子が侵入できないようにするとともに,細菌の侵入や物理的な障害などからの安全をも確保する。…

※「卵割」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

卵割の関連キーワードヘルトヴィヒの細胞分裂の法則雌雄モザイク灰色三日月環多細胞動物ケリカー栄養芽層裂体腔調節卵調整卵成熟卵部分割桑実期胚盤胞等黄卵割腔着床卵管体腔胚盤卵黄

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

卵割の関連情報