コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割(り)石 ワリイシ

デジタル大辞泉の解説

わり‐いし【割(り)石】

石材を割った、形が不定で鋭い角や縁をもつ石。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

割(り)石の関連キーワード石人山古墳(せきじんざんこふん)由利海岸波除石垣ペルシア美術安満宮山古墳チチメカ文化神原神社古墳陵山里古墳群日の岡古墳横穴式石室銚子塚古墳羊頭窪遺跡丸隈山古墳紫金山古墳岡田山古墳熊山[町]石舞台古墳竪穴式石室四平山遺跡矢板工法造山古墳

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android