力綱(読み)チカラヅナ

デジタル大辞泉の解説

ちから‐づな【力綱】

力を出すために握る綱。特に、分娩時に産婦がいきむために握る綱。
すがって頼りにするもの。「友情を力綱にして生きる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちからづな【力綱】

出産の際、産婦がいきむ力を出すために握る綱。 「鍋松様御誕生の時、御座の-を懸け/一話一言」
頼って力とするもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちから‐づな【力綱】

〘名〙
① 体に力を入れるために握る。特に分娩の際、いきむ力を出すために産婦が握る綱。
※雑俳・朝熊嶽(1730)「大般若はらみ女の力綱」
② つかまって力とするもの、すがってたよりとするもののたとえ。
※続俳諧師(1909)〈高浜虚子〉九五「けれども此場合春宵に取っては之が責めてもの力綱(チカラヅナ)であった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android