友情(読み)ゆうじょう

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐じょう〔イウジヤウ〕【友情】

友達の間の情愛。友人としてのよしみ。「友情が芽生える」「友情に厚い」
[補説]書名別項。→友情

ゆうじょう【友情】[書名]

武者小路実篤の小説。大正8年(1919)発表。一人の女性をめぐる二人の青年の恋愛と友情の葛藤(かっとう)を通し、理想主義を追求した作品。
立野信之の小説。昭和9年(1934)「中央公論」誌に発表。治安維持法違反で検挙された後に発表された作品で、転向文学の先駆けとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうじょう【友情】

友達の間の親愛の情。友人の間の情け。友達のよしみ。 「 -に厚い人」

ゆうじょう【友情】

小説。武者小路実篤作。1919年(大正8)「大阪毎日新聞」連載。親友に恋人を奪われる主人公を通して、友情と恋との相克、自然に従うエゴの姿を描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

友情
ゆうじょう

武者小路実篤(むしゃのこうじさねあつ)の中編小説。1919年(大正8)10~12月『大阪毎日新聞』に連載。20年4月以文社(再版以後は叢文閣)刊。青年作家で親友の野島と大宮、および彼らがともに心をひかれている杉子との3人のかかわりをたどる作。前半は野島の杉子への恋の成り行きを描き、後半でパリに去った大宮と杉子との交わす書簡を通じて、二人の真実を明かす。大宮における友情と恋愛との相剋(そうこく)から自己の恋をとるに至る経過がそのまま野島の失恋と傷心に重なるという構成には、夏目漱石(そうせき)の『それから』(1909)が意識されているが、自己の自然尊重を明瞭(めいりょう)に告げるのは杉子であり、野島も大宮もそれぞれの道を生きるべく運命づけられている点に特色がある。[遠藤 祐]
『『友情』(岩波文庫・新潮文庫) ▽本多秋五著『「白樺」派の作家と作品』(1968・未来社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆう‐じょう イウジャウ【友情】

[1] 友だちの間で、相手の立場を尊重し思いやる心。友のよしみ。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉四一「右手を胸上に置て曰く、友情独り茲に在り」
[2] 小説。武者小路実篤作。大正八年(一九一九)発表。青年作家野島は理想の女性杉子に想いを寄せるが、彼女は野島の友人大宮のもとに去る。恋愛と友情のからみ合いを心理的に描写。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の友情の言及

【友愛】より

…友愛という言葉は,狭くは〈友情friendship〉を意味する場合もあるが,特に英語fraternityなど西欧語の訳語として,兄弟の間の情愛から,さらにひろく家族など同一集団を結合する情愛,人間全体を一つの家族として包み込む人間相互の兄弟愛をも意味する。このもっとも広い意味で,友愛は〈博愛philanthropy〉〈隣人愛brotherly love〉と同義である。…

※「友情」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

友情の関連情報