九五(読み)きゅうご

精選版 日本国語大辞典「九五」の解説

きゅう‐ご キウ‥【九五】

〘名〙 (易(えき)で、九を陽の数とし、五を君位に配するところから) 天子の位。また、最高の位。九五の尊位。
※本朝文粋(1060頃)四・視雲知隠賦〈大江以言〉「起任飛龍。以待其九五
※俳諧・文化句帖‐元年(1804)一二月「僧教導は仏道のいさほしも九五近き身の」 〔易経‐乾卦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「九五」の解説

きゅう‐ご〔キウ‐〕【九五】

《易で、九をとし、五を君主の位に配するところから》天子の位。
「ふたたび―の帝位をふませ給はんこと」〈太平記・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android