コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加知貞一 かち ていいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加知貞一 かち-ていいち

1878-1931 大正-昭和時代前期の実業家。
明治11年10月1日生まれ。43年中国吉林省立実業学校の教師となるが,同地方の木材資源に着目,職を辞してその企業化をはかる。富士製紙会社分工場の誘致,運搬用の鉄道敷設を計画したが,ロシア,中国との交渉にゆきづまって挫折。のち製紙会社共栄起業の顧問。昭和6年1月5日死去。54歳。岐阜県出身。東京高師卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加知貞一の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎五所平之助マキノ雅広ルロイ稲垣浩成瀬巳喜男内田吐夢島津保次郎田坂具隆

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone