コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着目 チャクモク

デジタル大辞泉の解説

ちゃく‐もく【着目】

[名](スル)特に注意して見ること。目をつけること。また、目のつけどころ。着眼。「着目に値する提案」「ある現象に着目して新しい発見をする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃくもく【着目】

( 名 ) スル
重要なこと、有望なこととして注意すること。目をつけること。着眼。 「早くから将来性に-する」 「この案は-に値しよう」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

着目の関連キーワードホワイトボックステストブラックボックステストコミュニケーション図ソフトウエアテストバーチャルスペース遺伝的アルゴリズム人道的アプローチイオン強度の法則資産価格バブルエルゴデザインSRIファンドレーティングデータ主導型丸山ワクチンフローリー釈摩訶衍論遺伝的距離ジェンナー昇冪・昇羃ワーニエ法

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

着目の関連情報