コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加茂紙 カモガミ

デジタル大辞泉の解説

かも‐がみ【加茂紙】

新潟県加茂市付近から産する紙。糊(のり)を加えないので、じょうぶなことで有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かもがみ【加茂紙】

新潟県加茂市付近に産する紙。糊のりを加えないので強い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加茂紙
かもがみ

越後(えちご)国(新潟県)加茂の近辺で漉(す)かれていた和紙。コウゾ(楮)を原料とした小判(縦25センチメートル、横30センチメートル)の紙である。20枚を1折(おり)、100折を1束として売られたことから「二千枚紙」ともよばれた。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の加茂紙の言及

【加茂[市]】より

…町の萌芽は1595年(文禄4)には見られるが,1660年(万治3)町割直しが行われ,4・9の六斎市(現在も盛んである)や馬市も立ち,近郷流通の中心として繁栄した。特に七谷郷の紙は加茂商人によって集荷されたので,加茂紙とも称された。幕末期の特産品に元結,水引,戸障子,瀬戸があり,明治以後は紙製品,木工品(桐だんす,建具など),織物(加茂縞)の町として発展した。…

※「加茂紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

加茂紙の関連キーワード加茂(市)コウゾ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android