加茂(読み)かも

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「加茂」の解説

加茂
かも

京都府南端部,木津川市東部の旧町域。木津川両岸にまたがり,南は奈良市に接する。 1928年町制。 1951年当尾村,瓶原村を編入。 2007年木津町,山城町と合体して木津川市となった。地名は,古代豪族の賀茂氏に由来する。主産業は農業で,米のほかカキ () ,茶などを特産。木津川北岸は奈良時代に聖武天皇恭仁京が置かれたところ。恭仁宮跡 (国指定史跡) ,和同開珎の鋳造地跡である銭司 (ぜず) もあり,一時期政治の中心地であった。海住山寺,室町時代につくられた三重塔などの国指定重要文化財で名高い岩船寺,浄瑠璃寺名刹がある。海住山寺の五重塔,浄瑠璃寺の本堂,三重塔,9体の阿弥陀如来坐像,四天王立像は国宝に指定。浄瑠璃寺庭園は国の特別名勝・史跡に指定されている。

加茂
かも

岡山県北東部,津山市北部にある旧町域。中国山地南斜面にある。 1924年町制。 1954年新加茂町,上加茂村と合体。 2005年津山市に編入。中心集落の中原吉井川の支流加茂川と倉見川の合流する地点谷口集落として発達し,かつて砂鉄産地,木地屋集落を控えた市場町であった。近世にはこの一帯からたびたび百姓一揆が津山に押し寄せたため,「強訴谷」ともいわれた。中国山地を利用して放牧が行なわれ,加茂牛として出荷される。林業も盛んで桑原に製材所,材木商が多い。倉見川上流に多目的ダムの黒木ダムがある。北部は氷ノ山後山那岐山国定公園に属する。

加茂
かも

島根県東部,雲南市北部の旧町域。斐伊川の支流赤川のつくる小盆地にある。 1934年町制。 2004年大東町,木次町,三刀屋町,吉田村,掛合町の5町村と合体して雲南市となった。『和名抄』の屋裏郷。米作のほかブドウ栽培,ビニルハウスによる野菜栽培も行なわれる農業地域。近年は松江市方面への通勤者も多い。景初3 (239) 年銘の銅鏡が出土した神原神社古墳に続いて,1996年岩倉地区で青銅製の銅鐸 39個が出土。一つの遺跡から見つかった銅鐸の数としては最多を記録し,加茂岩倉遺跡と名づけられた。

加茂
かも

山形県北西部,日本海に面した鶴岡市港町。旧町名。 1955年鶴岡市に編入。帆船時代鶴岡への物資荷揚げ港として繁栄。現在は底引網漁業基地で,水産試験場,水族館がある。加茂台地上の高館山からは庄内平野一望に開け,遠く鳥海山が眺められる。近くに湯野浜温泉があり,観光客とともに湯治客も多い。海水浴および釣りの名所庄内海浜県立自然公園の中心をなす。

加茂
かも

広島県南東部,福山市の一地区。旧町名。 1975年福山市に編入。市域北東部を占め,地区の大部分芦田川の支流加茂川流域に開ける農村。弱電機などの工業もあるが,おもに福山市街地への通勤圏となっている。北部に竜頭峡,猿鳴峡があり,付近は山野峡県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「加茂」の解説

かも【加茂】[地名]

新潟県中部の市。信濃川支流の加茂川の市場町として発展。加茂縞・きりたんすを特産。金属加工・繊維工業も盛ん。人口3.0万(2010)。
京都府木津川市の地名。天平12年(740)恭仁くにの置かれた地。和同開珎わどうかいちん鋳造の鋳銭司ちゅうせんし跡や山城国分寺跡がある。襖紙を特産。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「加茂」の解説

かも【加茂】

[一] 新潟県中央部信濃川支流の加茂川に沿う地名。江戸初期から市場町として発展。昭和二九年(一九五四市制
[二] 岐阜県の南東部の郡。木曾川の支流飛騨川の中・下流域にある。古くは加毛・賀茂とも書いた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android