コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加茂 かも

13件 の用語解説(加茂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加茂
かも

京都府南端部,木津川市東部の旧町域。木津川の両岸にまたがり,南は奈良市に接する。 1928年町制。 1951年当尾村,瓶原村を編入。 2007年木津町,山城町と合体して木津川市となった。地名は,古代豪族の賀茂氏に由来する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

加茂
かも

島根県東部,雲南市北部の旧町域。斐伊川の支流赤川のつくる小盆地にある。 1934年町制。 2004年大東町,木次町,三刀屋町,吉田村,掛合町の5町村と合体して雲南市となった。『和名抄』の屋裏郷。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

加茂
かも

岡山県北東部,津山市北部にある旧町域。中国山地南斜面にある。 1924年町制。 1954年新加茂町,上加茂村と合体。 2005年津山市に編入。中心集落の中原は吉井川の支流加茂川と倉見川の合流する地点の谷口集落として発達し,かつて砂鉄産地,木地屋集落を控えた市場町であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

加茂
かも

山形県北西部,日本海に面した鶴岡市の港町。旧町名。 1955年鶴岡市に編入。帆船時代鶴岡への物資荷揚げ港として繁栄。現在は底引網漁業の基地で,水産試験場水族館がある。加茂台地上の高館山からは庄内平野が一望に開け,遠く鳥海山が眺められる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

加茂
かも

広島県南東部,福山市の一地区。旧町名。 1975年福山市に編入。市域北東部を占め,地区の大部分は芦田川の支流加茂川流域に開ける農村。弱電機などの工業もあるが,おもに福山市街地への通勤圏となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かも【加茂】[地名]

新潟県中部の市。信濃川支流の加茂川の市場町として発展。加茂縞・桐(きり)たんすを特産。金属加工・繊維工業も盛ん。人口3.0万(2010)。
京都府木津川市の地名。天平12年(740)恭仁(くに)京の置かれた地。和同開珎(わどうかいちん)鋳造の鋳銭司(ちゅうせんし)跡や山城国分寺跡がある。襖紙を特産。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

加茂【かも】

広島県東部,深安郡の旧町。北部は吉備(きび)高原の山地で,南に芦田(あしだ)川の沖積平地が開ける。米,ハッカ,桃を多産し,伝統の備後絣(びんごがすり)などの織物工業も盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

かも【加茂】

新潟県中部の市。近世からの名産桐だんすのほか、木工・金属加工が盛ん。延喜式内社青海おうみ神社のある加茂山公園は県木ユキツバキが群落する。
京都府南部、相楽そうらく郡の町。聖武天皇の恭仁くに京が置かれた。
岡山県北部、津山市の地名。中国山地、吉井川支流の加茂川流域にある。林業が中心。黒木ダムがある。
島根県東部、雲南うんなん市の地名。斐伊ひい川支流の赤川の盆地にあり、しばしば水害を受けた。

かも【加茂】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加茂の関連キーワード新和新道新富新町新屋新栄町新光新光町新保新保町

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加茂の関連情報