コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小判 こばん

6件 の用語解説(小判の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小判
こばん

江戸時代の金貨の一つ。小形の判金の意で,1枚1両にあたり,江戸時代を通じて幕府の標準的金貨幣であった。文禄年間 (1592~96) ,徳川家康が京都の金工後藤徳乗の弟子後藤光次を招き,江戸,駿府で試鋳させた武蔵判,駿河判に始るという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こ‐ばん【小判】

江戸時代の金貨。楕円形で1枚を1両とする。幕府発行の標準貨幣で、慶長小判・元禄小判・正徳小判・天保小判・万延小判などがある。→大判
紙・書物などの判の小さいもの。
[アクセント]1バン、2はコバン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小判【こばん】

江戸時代の金貨幣の一種。大判を小型にしたもので,1枚1両をたてまえとし金貨幣の標準をなす。徳川家康が早く江戸,駿河で試造させたが(武蔵墨書小判駿河墨書小判),天下平定後の1601年(慶長6年),江戸金座をはじめ京都・駿府・佐渡などで鋳造させ,全国に流通させた(慶長小判)。
→関連項目一分銀一朱金慶長金銀後藤庄三郎天保金銀文政金銀宝永金銀洋銀(貨幣)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こばん【小判】

江戸時代における金貨の一種。1601年(慶長6)徳川家康は慶長小判(1両)を鋳造し,それ以後小判は幕府貨幣のなかでも標準貨幣となった。慶長小判は後藤庄三郎光次により江戸の小判座(金座)はじめ,京都・駿府・佐渡の鋳造所でつくられた。慶長小判に先立って,家康は1595年(文禄4)武蔵墨書(むさしすみがき)小判・駿河墨書小判を鋳造し,さらに1600年に慶長古鋳小判をつくっている。古鋳小判以後,それまでの墨書が改められて極印(ごくいん)制となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こばん【小判】

[1] 江戸時代の金貨の一。楕円形で、表裏に極印がある。発行時により大きさ・量目・品位などは異なるが、一枚一両として通用した。慶長小判・宝永小判など、十種が発行された。
[1]小判形がた 」に同じ。
[0] 紙などの、判はんの小さいもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小判
こばん

江戸幕府発行の標準貨幣。金貨で、1枚1両で通用。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小判の言及

【大判】より

…ついで天正16年(1588)豊臣秀吉は京都の彫金家後藤徳乗に命じて天正大判を鋳造させた。徳川家康は幣制の確立を重視し,関ヶ原の戦の翌年にあたる慶長6年(1601)には慶長大判・小判・一分金・丁銀・豆板銀の金銀貨を鋳造した。慶長大判の量目は天正大判と同じ44匁1分(165g)であった。…

【金座】より

…江戸時代の小判一分金鋳造所をいう。勘定奉行の支配下におかれていた。…

【千両箱】より

…江戸時代に1000両の貨幣を収蔵することを目的として造られた箱。千両箱は小判や一分金の25両包みが40個入れられた。大判用の千両箱もあり,安政期(1854‐60)以後には二分金用の千両箱も現れた。…

※「小判」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小判の関連キーワードバッテリー愛人かちかち五度松柏砂山チェリードンファン花菱ぽちぽち

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小判の関連情報