コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤伝蔵 かとうでんぞう

防府市歴史用語集の解説

加藤伝蔵

 毛利重就[もうりしげたか]の時代に、中関を塩の積み出し港として発展させた人です。もとは光市に住んでいた人です。最初は萩の梅屋吉右衛門[うめやきちえもん]が中関の開発をしていたのですが、失敗に終わったため、加藤伝蔵が後を引き継ぎ、中関に移り住みました。中関に来てからは、酒造業も行っています。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone