コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤伝蔵 かとうでんぞう

防府市歴史用語集の解説

加藤伝蔵

 毛利重就[もうりしげたか]の時代に、中関を塩の積み出し港として発展させた人です。もとは光市に住んでいた人です。最初は萩の梅屋吉右衛門[うめやきちえもん]が中関の開発をしていたのですが、失敗に終わったため、加藤伝蔵が後を引き継ぎ、中関に移り住みました。中関に来てからは、酒造業も行っています。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android