コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利重就 もうりしげたか

防府市歴史用語集の解説

毛利重就

 萩藩7代藩主で、借金のふくれあがった財政を立て直すために努力しました。長府[ちょうふ]藩主の子に生まれ、藩主になる予定ではなかったのですが、藩主をしていた兄が亡くなり、その子も病弱だったため、予定外に長府藩主になります。その後、萩藩主・毛利宗広[もうりむねひろ]が亡くなり、後継ぎもいなかったため、萩藩主になりました。萩藩主になった後は検地[けんち]によって、年貢の取れる田畑を増やし、増えた収入で撫育方[ぶいくかた]という基金を作り、干拓や塩田の開発や中関の整備などを行いました。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利重就 もうり-しげなり

1725-1789 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)10年9月10日生まれ。毛利匡広(まさひろ)(元平)の10男。享保20年長門(ながと)(山口県)府中藩主8代となるが,毛利宗広の死去で寛延4年(1751)宗家をつぎ,長門萩(はぎ)藩主毛利家7代。撫育方(ぶいくかた)を新設し,宝暦検地による増収を別途会計で運用。干拓,塩田開発など殖産興業につとめた。藩中興の名君とされる。寛政元年10月7日死去。65歳。初名は匡敬(まさよし)。名はのち「しげたか」とよんだ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

毛利重就の関連キーワード三田尻御茶屋三田尻御殿毛利匡満仲子岐陽加藤伝蔵小倉宗爾山県鶴江吉田以忠毛利広定毛利治親毛利匡敬栗山孝庵毛利匡芳堅田元武滝高渠大楽寺滝鶴台英雲荘

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android