コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤元秀 かとう もとひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤元秀 かとう-もとひで

1822-1873 幕末-明治時代の医師。
文政5年尾張(おわり)(愛知県)の医家に生まれ,名倉道庵らにまなぶ。維新の際には尊攘(そんじょう)派を支援。慶応4年(1868)名古屋藩医となった。明治6年11月18日死去。52歳。名は儁。通称は秀之進。号は誠斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加藤元秀の関連キーワード明治時代