コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀つるまめ

デジタル大辞泉プラスの解説

加賀つるまめ

石川県金沢市で生産されるフジマメ白花早生種来歴不明だが昭和20年代から栽培が続くと考えられている。金沢市農産物ブランド協会により「加賀野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

加賀つるまめ[豆類]
かがつるまめ

北陸甲信越地方、石川県の地域ブランド。
主に金沢市で生産されている。石川県で栽培が始まったのは、昭和20年代頃からと考えられている。石川県内ではつるまめと呼ばれているが、正式にはふじまめのことである。地元では、だらまめとも呼ばれる。6月上旬から10月下旬にかけて出荷される。加賀野菜の一つ。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

加賀つるまめの関連キーワード石川県金沢市

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android