加賀獅子頭

デジタル大辞泉プラス「加賀獅子頭」の解説

加賀獅子頭

石川県白山市で生産される伝統的工芸品。加賀藩初代藩主の前田利家金沢城に入城した際、祝いのため舞われた獅子舞獅子頭を模した郷土玩具。口中にを納めた姿は安泰のを表すとされ、魔よけや男子の出産祝いなどの縁起物として飾られることが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android