コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働者ファッショ ろうどうしゃファッショFascio operaio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労働者ファッショ
ろうどうしゃファッショ
Fascio operaio

1870年代に結成されたイタリアの社会主義的な労働者結社。パリ・コミューンに触発されてイタリアの諸都市で社会主義者の指導のもとに労働者,職人を結集する団体がつくられ,労働者ファッショの名をとった。ファッショは第1次世界大戦後にムッソリーニが創設した戦闘ファッシ (ファッショの複数) の運動によってファシズムの語源となるが,もともとは束とか団という意味で,19世紀後半には主として社会主義者や労働者の結社名あるいは機関紙名に使われ,シチリア・ファッシの場合が特に有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

労働者ファッショの関連キーワード普仏戦争オリビエ(Emile Ollivier)製糸業日本科学史奈破崙開拓使コッペリア文化闘争グロージェンキンス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android